FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | | TB(-) CM(-)

妄想と欲望のはざまで13

『陥穽(かんせい)3』

陥穽03

「少し気持ちを落ち着けてください」
私は穏やかな口調で言うと、みぃの肩に優しく指を食いこませた。
「知っていますよ。こうやって可愛がられることを、今まで何度も妄想してきたのでしょう?」

鏡に写った彼女の顔が、みるみる真っ赤に染まっていくのが、私にはわかった。私の嘲弄をこめた言葉で、彼女の身体は魂が脱け出したかのように力を失った。

抵抗が無駄だと認めたのだろうか。
いや、そうではないだろう。
身体の自由を奪われた状態で、これから自らの身に降りかかるであろう淫戯を、一瞬にして想像したのではないか。
そして、胸ときめかせ、甘美な予感に肉体をしびれさせたのではなかったか。

鏡001

私はその瞬間を逃がさなかった。
素早く美智子のアゴに指をかけ、首を後ろに振り向かせてから強引に唇を吸った。
私の口からの可憐な唇の隙間へ、欲望で熱くなった吐息が流れこむ。

「こうされたくて、逢いに来たのでしょう?」
私はすぐに唇を離し、美智子の瞳を覗きこみながら問いただした。
「ああっ・・・で、でも・・・」
彼女は、それ以上言葉を続けられなかった。
なぜなら、打ち震える唇を、私が再び塞いだからだ。

「ん・・・」
鏡の中で、ふくよかな胸肉が激しい鼓動に揺すぶられ、ぷるんぷるんと上下する。
小刻みに首を振る美智子にかまわず、私は何度も人妻の唇を奪った。たちまち桃色の唇が、私の唾液に濡れ光っていく。

キス03

すると、どうだろう。
さっきまで拒絶の仕草を見せていたはずなのに、美智子の唇が薄っすらと開きはじめるではないか。
私は間髪入れずに、歯列の間に舌先を忍びこませた。ねっとりとした触手のようにだ。

互いの性器と性器で繋がって、体液を交わらせる瞬間に、男と女は結ばれる。けれど、初めて口づけを交わし、男の舌を女が口内に受け入れる瞬間。その興奮と悦びは、性行よりも官能的で鮮烈ではなかろうか。

「むぅ・・・ふぅんんん・・・」
美智子が鼻で小さく喘いだ。

(ああ、なんて可愛いんだ・・・)
愛しさを募らせながら、美智子の口内に唾液を塗り付け、ネロネロと舌をうごかしてしまう。
たまらなかった。身体中の細胞がざわめき立つ。血管の中を欲情でたぎった血が駆けめぐり、勢いよく下半身へと流れこんでいくのがわかる。

あなたの甘く激しい口付けは、私の身の内に深く隠していたパンドラの匣を開けてしまいました。あなたの舌が挿し入れられた刹那に、まるで鍵が鍵穴にカチリと嵌るようにして、私の欲望は解き放たれてしまったのです。

それでいて、頭の中は手つかずのキャンバスのように真っ白に染まり、何も考えることなどできません。情熱的な口付けが、身体の芯を蕩(とろ)かし、立っていることさえやっとだったのです。

いえ、本当はカフェで手を握っていただいた時から、私の身体はあなたを乞い求めておりました。
でも、それだけではありません。ホテルの部屋で、あなたの視線が、私の口元や胸に注がれるたびに、居たたまれないほどの気恥ずかしさで、身を強張らせておりました。

ですが、あなたの熱い眼差しは、まるで愛撫のように身体を這いまわり、触れられていなくても、私の秘所は猥(みだ)りがましく潤ってしまっていたのです。

(みぃのメール抜粋)


「ほら、舌を出してごらん」
美智子は、つぶったまぶたをふるふる震わせて、ピンクの可愛らしい舌先をのぞかせる。
「もっと突き出して!」
命令口調に驚いたのか、美智子はまるでアカンベーでもするかのように、舌を一杯に差し出した。私への献上品である。

べロリ・・・べロリ・・・
ゆっくりと舌を掃くように舐め回し、味わい尽くす。それでも足りずに、美智子の舌先を強く吸いこんで甘い唾液をすすった。

キス02

美智子の肩はガクガクと揺れ、呼吸が次第に荒くなっていく。彼女も私と同じように、欲情しているのだろうか。
そう思うと、さらに愛しさが全身に満ち満ちて、ぴちゃぴちゃと音を立てながら、舌の裏や歯茎までなぶり回さずにはいられなくなる。

このまま勢いに任せて、激しく乳房を揉みしだきたかった。口づけの興奮で、私の分身はヌルヌルになっていることだろう。その猛ったモノを取り出して、美智子の手に無理やり握らせてしまうのも悪くはない。

カフェで握りしめた白く小さな手を想った。
その穢れを知らぬ美しい指先を、匂いたつオス汁でベトベトに濡れ汚してしまおうか。

だが、焦ってはいけない。
甘く激しい口づけによって、美智子の肉体は陥落したに等しいはずだ。
その証拠に、彼女は抵抗するどころか熱烈な口づけに応え、私が流しこんだ唾液まですすったのである。

(つづく)

※体験を基に描いていますが、一部フィクションが含まれています。
関連記事
夏日。。
智さま。みぃさま

私の住処はもう。夏日とやらで
朝から暑い!と感じる季節感ですが
歩く度に汗が出るような。。

このシリーズも佳境になって。。
お二人の交感が肌感覚で伝わります。
汗ばむ季節には熱くなり過ぎかな?と

羨ましく。愛読しております。

では。
[ 2014/04/10 14:01 ] [ 編集 ]
文学青年
情景はこうだ
アパートの2階、いつも会釈する折り目正しい青年の落とした手帳。。。
何気に読んでしまった気分

昭和の香りがする
これは、私にとってほめ言葉だ

奥行きがある
こちら側の感覚も揺り動かされる

女は獲物なのか
踊らされているのは男なのか。。。
[ 2014/04/10 21:58 ] [ 編集 ]
春まだ浅く
Ken様

夏日とは、逆に羨ましくなるお話。
こちらの天気予報によると、4月11日(本日)は
最高気温5℃、最低気温0℃の予想w

タイトルは「春まだ浅く」としましたが
気候的には冬から脱け出していないと言えるかも。

このシリーズ、実際どこまで続けるか、
書いている本人も分かっていないのですが・・・
みぃが楽しんで読んでくれている間は
書き続けるかもしれません。

そうそう、こちらで報告になりますが
新しく購入したヘッドセット。
まずまず良好でした。
[ 2014/04/11 03:45 ] [ 編集 ]
昔日の・・・
M見習いS様

確かに、私が初めて乱歩全集を手に取った
大学生のころは、実際に昭和でしたw

もっとも、乱歩の小説に出てくる書生さんとは大違い。
細川伸や山本耀司らのDCブランドで身を固め
流行のカフェバーを飲み歩き、
浅田彰や中沢新一らニュー・アカデミズムを語る・・・
そんな大学生で、およそ乱歩的ではなかったかも。

私たちは「しらけ世代」「新人類」などと呼ばれ、
片や、乱歩は「大正ロマン」あるいは「昭和モダン」
の香り漂う文学界の異端児。

生まれ育った時代が違うとはいえ、
私は予め失われた文学の荒野に放り出され
途方に暮れるばかりの学生でした。
[ 2014/04/11 03:47 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブログ・ランキング

ブログ・ランキングに参加しています。
お気に召したらクリックをお願いします。
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。