FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | | TB(-) CM(-)

妄想と欲望のはざまで23

『凌辱3』

凌辱003

女の急所に触れた瞬間、みぃの身体から完全に力が抜け落ちた。私の指は閉じ合わせた太腿を割って、さらに奥へと到達する。

「ん・・・なに、これはっ!?」
わざとらしく驚いた声をあげて、下着の中で手をうごめかせた。
「ビチョビチョじゃない!」
嘲りながら、ヌルヌルに濡れそぼった扉を指でこじ開ける。ピチャっと水音が弾け、糊付けしたように閉じられていた花びらが剥がれた。

「やんっ! あああっ!」
「可愛い顔して、案外とスケベなんですね」
「そ、そんな・・・」
美智子はやっと声を出した。屈辱に震えた涙声だった。

妄想023_01

「だって、ほらっ!」
すかさず私は、花びらの奥にある秘肉に中指をめりこませ、溢れ汁をすくうように動かした。

ピチャ、ピチャ・・・ピチャ、ピチャ、ピチャ・・・
指先がうごめく度に、蜜液に濡れた秘唇があさましい音をたてる。

「はあああぁぁぁ・・・ダメぇぇぇ・・・」
恥辱と快楽の大きさに、美智子の心は一瞬にして砕け散ったようだった。目尻から溢れだした涙が、幼さの残る相貌にきらきらと筋を描きながら伝い流れる。

けれど、濡れ下着の奥では、今も悦びの体液がこんこんと湧きだしている。どれほど涙を流そうと、溢れかえった誘蜜の量を超えることはないだろう。

「マン汁が止まらないですね」
自ら奏でる恥音と私の嘲弄。しかし、耳を塞ぐことはおろか、恥辱の表情を手で覆い隠すことさえ、今の美智子にはできない相談だった。
ひたすら顔をそむけ、ベッドに涙を染みこませている姿が痛々しい。だが、それすら私の興奮を誘うばかりである。

考えてみれば不思議な気がした。
今日、初めて逢った人妻の性器を、為すがままに指でこねつづけているのだから。

しかも、彼女は清楚な若奥様。行きずりの快楽を求めて、のこのこホテルについてくるような女性とは違う。
とはいえ、この日をどれほど待ちわびたことか。私は夢中だった。その行為にも彼女の肉体にも。

妄想023_02

いつしか、肉音はグチャグチャと激しく高まり、ショーツの内側は泥沼と化している。
「お願い、聴かないで・・・」
力ない哀願だった。もはや諦めきった声の合間に、法悦を押し殺そうとする小さな喘ぎがまじってしまっている。

「聴かないでと言われても無理です。こんなに音を立てて悦ばれちゃ、もっと可愛がりたくなりますね」
意地悪にささやきながら、硬くなった肉の芽に淫汁を塗りたくる。

「あっ、あっ、あっ、いやあぁぁぁ!」
美智子が激しく首を左右に振った。
効果てきめんというやつだった。ヌルヌルと指を回転させて、粘膜で張りつめた真珠を磨きあげる。

「手を動かさないで・・・ダメぇ・・・」
もはや美智子のダメは、催促のようにしか聞こえなかった。
その証拠に、敏感な突起は、ヒクヒクと脈動しながら膨らみを帯び、もっと触って欲しいとばかりに包皮から剥けだしてくるではないか。

「ダメなの・・・変になっちゃいそうなの・・・」
「ほら、変になってごらん! ほらっ!」
再び女の溝から漏れだした愛液に指をひたし、陰核をかきあげるように摩擦する。

「ああああん! はあああああぁぁぁぁぁ・・・」
泣き叫ぶような嬌声がほとばしった次の瞬間、美智子は豊乳をフルフルとたわませ、突きだすように腰を浮かせた。

「ひっ、いやあああ・・・」
続けざまに、やるせない声が美智子の喉を震わせる。
彼女が極まる寸前を見越して、私が即座に手を止めたためだった。

妄想023_03

「なんだか、不満そうな顔をしていますね」
「だって・・・」
まるで悪戯を見つかった子供ように、美智子はバツが悪そうに顔を横に向けた。

「だって何?」
「だって・・・さっきは、もうちょっとで・・・」
それ以上言えばさらに羞恥が募るとでも思ったのか、彼女は声をつまらせた。

「もうちょっとで?」
何を言いたいのか私は一瞬にして分かっていた。けれど、わざと聞き返してみる。
「もうちょっとで、逝きそうだったのに・・・」
美智子はモジモジと、消え入りたいとでもいうように赤らめた童顔をベッドにうずめた。

「ここを逝かせて欲しかったんですね?」
意地悪な声でささやいてから、強引に下着の横から指を滑りこませる。
「だ、ダメっ!」
慎み深い人妻は、声を上ずらせて腰を引いた。

「嘘ばっかり。ドロドロですよ。逝かせてあげましょうか?」
「ダメっ! ダメ・・・ダメぇ・・・」
美智子は、うわ言のように拒絶をくり返した。けれど、女溝にそって指を動かすと、次第に消え入りそうな声となり、ついには腰を震わせる。

「逝かせてくださいってオネダリができますか?」
そう聞くと、彼女はかたく目をつぶり、無言で首を横に振る。
オネダリは恥ずかしくてできないらしい。だが、逝かせて欲しくないというわけでもないようだった。

亀裂に沿って指先を上下させる。ヌラヌラと濡れ返った花びらの奥に、指がすぐにも呑みこまれてしまいそうだ。

「いやらしいな・・・欲しがりなオマ○コですね」
わざと音がでるようにいじくり回してから、私はゆっくりと蜜壷へ指を埋めこんでいった。

(つづく)

※体験を基に描いていますが、一部フィクションが含まれています。
関連記事
こんばんは
智 様

こんばんは
動画を見ているせいか、余計に目の前で行われているかのような感じです。
特に声の部分は、お二人の声を変換させてしまいます。

ずっと望んでいた逢瀬。
それがどれだけ待ちどしかったのか、どれだけ愛おしいものに触れ、感じたいのかとても伝わります。
苦しいくらい。

[ 2014/05/14 22:50 ] [ 編集 ]
ここで逢ったが百年目!
なほこ様

こんばんは。

先に映画を観てから、原作を読んでみると
登場人物が、映画のキャストのイメージで現われて、
原作の興を削ぐことがよくございます。
なので私は、原作物の映画は、極力、小説を先に読みます。

なるほど、「妄想と欲望」の言葉の部分が二人の声に。
当事者としては考えも及びませんでしたが、
なほこ様からご指摘を受けると、目からウロコです。

私たちの場合は、交際期間も長いですが
何しろま逢うまでの葛藤が、非常に長くもありました。
実際に逢えば、今の関係は終わってしまうかも・・・
そんな恐怖を乗り越えなければ、逢瀬は実現しなかったので。

ただし「さよならだけが人生」というわけでもございません。
「ここで逢ったが百年目!」は仇討のセリフですが
まさに「百年の恋」「百年の逢瀬」とさえ思えてきます。

なほこ様に出逢えたのも、一期一会。
これからも、よろしくお願いします。
[ 2014/05/15 02:02 ] [ 編集 ]
おはようございます
智 様

同感です。
映画より、まずは原作(小説)ですね。
映画も素晴らしいのですが、時間が決まっているせいか自分が心に残っているシーンがないなど、え〜このキャストですか!?なんて生意気な事思ったり(¬_¬)
でも、最近はめっきり小説が読めていません。
欲しくて買ったO嬢もなかなか進まず…。

逢ってしまったら終わるかも…これは私もありました。
幻滅され、ご主人様は後悔されるのではないかとか、悩みました。
逢うまでには1ヶ月ほどのやり取りがあり、智様やみぃ様に比べたら短いのかもしれませんが、私にとっては大切な大切な時間です。
長いお付き合いの中、最近の動画でのお二人はそんな長さを少しも感じさせない“新鮮さ”がありますよね。
これはいつまでもお互いを尊敬し合いそして愛しているからでしょうね。
私もいつまでも、ご主人様を敬愛し、私が努力して成長し、お仕えしたいと思います。

あとあと、私の今回のエントリーですが モノクロ ごめんなさい。
みぃ様の真似をするつもりはなかったのですが、モノクロの時点で似てますよねm(__)m
私がみぃ様に似てるなんて、みぃ様に申し訳ないです。
m(__)mごめんなさい。
[ 2014/05/15 08:54 ] [ 編集 ]
ごめんなさい<(_ _)>
なほこ様

おはようございます。

小説のヒットに便乗して作られた映画って
ハズレ率がとても高いと思います。
そもそもヒットした原作自体、どうってこともない
なんてケースも多いですしw

映像化に向いている小説があるのも確かですが、
文章でなければ味わえない世界観を持った小説は
どれほど小説が良くても映画になると厳しいですね。

活字を読むのは習慣なので、一旦離れてしまうと
なかなか戻れなくなるもの。
けれど、読書の習慣を身に付け維持していると、
後々に大きな財産となります。
まず『O嬢』をやっつけましょう!w

そうですか・・・
逢うまでの葛藤、なほこ様もご経験されたのですね。
私たちの関係を「新鮮」とおっしゃっていただけて
とても嬉しいです。
新鮮と呼ぶには、二人ともトウが立ちすぎているかもw

それと・・・
「写真をモノクロにしてごめんなさい」
とおっしゃられても^^;
「みぃに似てる」とコメントをしたせいで
気を遣わせてしまいましたね。
こっちこそ、ごめんなさい<(_ _)>

お写真を加工して、更新を楽しまれているのは
すっごく良いと思いますよ~。
見られたがりが、ちょっと加速してるのかなw

でも、すぐに謝まっちゃうなほこ様は、
なかなか可愛いので、虐めたくなったりしてw
「こんにちは」の代わりに、とりあえず
「ごめんなさい!」って挨拶されても嬉しいですw

なほこ様が、どんどん綺麗になられていくのを
遠くから見守っているのが、とても楽しいので、
これからも、がんばって!
[ 2014/05/15 10:15 ] [ 編集 ]
準備万端。。
智さま。みぃさま

みぃさまの下着も戦闘モードに
入っているのは。。
二人で選んで。みぃさんは待ち焦がれて。

この写真に写り込んでいるのでしょう。

そういえば。先日のみぃさんのお姿で
舌舐めずりしているお姿も。
なんか印象に残っていますが。。

では。
[ 2014/05/15 10:48 ] [ 編集 ]
男たちのオナペット
Ken様

こんばんは。

写真の下着は、クロッチレスになっています。
二人で選び、私からプレゼントしたものです。

ちなみに、一連の画像(顔見切れのもの)は
みぃがチャットで複数男性たち相手に、
今撮り公開していたものです。

「こうして撮って」「おっぱい出して」
男たちのリクエストに応えて脱ぎながら
最後にはオナニーを命令されて・・・

とまあ、淫らな大人のお遊びですが
もちろん、私が命じて実行させましたw
「舌なめずり」もリクエストされて
撮影したはずです。

いつもコメントありがとうございます。
[ 2014/05/16 00:56 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ・ランキング

ブログ・ランキングに参加しています。
お気に召したらクリックをお願いします。
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。